2013年12月04日

学校へ

Ayuが学校へ行き始めました。
11月末に「学校へ行ってみる」
というので、学校へ連絡し、
1日目は3時間、2日目は4時間、3日目は朝から下校時間までいて、
12月から毎日通ってみることに。
1日目は帰宅後、「頭がくらくらする・・・」
と言って寝てしまったと思ったら39度の熱。
よほど緊張したのでしょうか。
毎日行くと決めた月曜日の朝は
「やっぱり行きたくない・・。」
と言ったものの、
「一度行くと決めたんだから、12月冬休みまでは行ってみたら?」
と言うと、「そうする!」と言って「休み時間には何をしようか・・」などと言いながら楽しげに出かけていきました。
まだ1週間もたっていませんが、楽しげに出かけています。
が、土曜日のお休みの日も楽しみにしていて、
「土曜日はお休みだから、お母さんといっぱいくっつくぅ〜!!」
なんて言ってもいますが。

9月ごろからキャンプや子供会の行事や、ボール遊びの会などに参加し、
毎週末 小学生と接しているうちに学校へ行ってみたくなったようです。

私としては、
毎日3人で本当に楽しそうに遊んでいるし、
勉強も子供に任せておいて大丈夫だと確信が持ててきたところ。
時間通りには動いてくれない2歳児もいるので、
全く時間に縛られない生活はとても快適で、
このままでいいじゃない・・・・
なんて気持ちもたくさんあるのですが、
行きたいというのを止めることはできません。
行ってみないとわからないですしね。

やっぱり日本ではホームスクーラーの集まりというのはほとんどないですし、
当然、周りはみんな学校へっている子ばかり。
子供会などで楽しく遊ぶ友達が学校へ行っているとなると
行ってみたくなるのも当然でしょうか。

「学校へ毎日行くようになったら(お隣の)A君と毎日遊べる!!」
と、とてもうれしそうに言っていました。

学校でも隣のクラスのA君がいつも声をかけてくれるのがうれしいようです。

Ayuはずっと学校へ行っていなかったんだから、
みんなができることが、できないことが多いかもしれない。
でも、それはやったことないからできないだけで、
Ayuができない子だということではないから、
気にすることはない。
お母さんはAyuがなんでもできる子だということを知っているから
自信を持っていけばいい。
順番にできるようになればいい。
慣れるまではちょっと嫌なこともあるだろうし、大変だろうけれど
しばらくは頑張って行ってみたらいい。
お母さんは、お友達ができればいいなと思っている。
しばらく行って、学校のやり方は嫌だなと思えば
またお家にいればいいと思う。

そういって送り出した。
学校に行っても、行かなくても元気に笑顔で過ごしてくれればいい。

それにしても、学校へ行かせるとなると
あーだ、こーだと言わなくてはならないことが増えて、
大変ですね・・・・・

posted by Etsuko at 10:24| Comment(2) | 学校と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月07日

もうすぐはじまります!

いよいよ明後日が入学式です。
と言っても、参加はしませんが。

ホームスクールを考え始めた当初は、入学式もないのかぁ・・・なんて少しさみしく思ったりしたのですが、今はびっくりするくらい平気です。何年も考えてきた結果だと思います。
小学校へ行かなければ得られないも・・という物は何もない・・と。といいますか、行かないなら行かないで、その代わりになるもの、経験はいくらでもある・・という結論。今、こどもとのんびり(・・でもないですが^^;)すごす毎日が穏やかに幸せです。

今までの流れは・・・
10月の健康診断時に教頭先生に学校へ通わないことを説明(これは必要なかったと思います)
11月に就学届を提出
2月に新入生説明会。その後、校長先生と面談
3月 教頭先生が家庭訪問に
3月末 校長先生がとうさんにも会っておきたいと言われるので、とうさん学校へ行き、最終確認。

3月末に行われた地域子供会の新入生歓迎会に参加し、学校へ通わないことをみんなに説明しました。これからどのような関係になっていくかはわかりませんが、今のところ、お姉ちゃんたちが遊びにさそってくれたりして、近所の子供たちとも時々遊ぶようになりました。

ご近所さんにも説明して、「昼間も家にいて、近所もうろうろしますが、よろしくお願いします。」なんて伝えています。

実際はじまったらどうなるのかわかりませんが、いよいよです!


posted by Etsuko at 16:59| Comment(0) | 学校と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

校長先生とお話

先日、新入生保護者説明会がありました。
その説明会の後に校長先生、教頭先生に時間をいただけるというので、上の二人は東京からおばあちゃんに来てもらってお留守番をお願いし、Yutoだけ連れて出かけてきました。
説明会は校長先生の挨拶から始まり、給食費などお金のこと、通学のこと、購入の学用品について、入学に向けて日常生活の準備からPTAの役員選出までたっぷり2時間。長かった・・・・・。
その後、皆は学用品の購入に向かったのですが、私はそのまま職員室へ。
校長先生、教頭先生とお話しできました。
Yutoはうまい具合におんぶで寝ていてくれました。座ると起きてしまうので立ってゆらゆらしながらでしたが、ゆっくり説明できました。

まず、話をややこしくしないために気を付けたのは
あくまでも「子供が学校に行きたくないと言っている」から家でみようと思っているということで、親が行くなと言っているわけではないということ。できるだけ「ホームスクール」という言葉も使わないようにしました。
それから、学校を否定するようなことは言わない、ということ。

古山教育研究所のHPの「ホームスクールと法律」によれば、親が子供にどのような教育を行うかを選択することは親の教育権として認められるものであるそうですが、とりあえず、法律などの話をする自信はないので、「子供が学校へ行きたくないと言っているのであって、親が学校へ行かせない(ホームスクールをしたいと思っている)わけではありません。」と重ねて伝えました。

「学校教育に疑問を持っている」というようなことも一切言わないように。とにかく学校とは喧嘩しないように、むしろ学校を持ち上げるくらいの気持ちで。(いや、持ち上げはしませんでしたが・・・・)

「保育園、幼稚園と様子を見てきて、どうやら息子には「学校」というシステムが合わないようです。幼稚園に行きたくないと言った時も「先生が嫌なんじゃない。お友達が嫌なんでもない。でも、行きたくないんだ。」と言っていました。」と。
「それで私たちもいろいろと調べてみまして、小学校、中学校へは全く行かずに在宅で子供を育てられた方がいると知りました。そういう方にお会いして話を聞いてみたり、古山先生に話を聞いてみたりして、家もそれがいいのではないかという結論に至ったのです。子供が天真爛漫に元気に育つ場として家がいいのではないかと。」

「学校にこうしてほしいということはありませんか。」
といわれるので、
「細かいことを言えば、PTAには参加しないとか、名簿に名前は載せないでほしいとか、そんなことはありますが、後は、静かに見守っていただければありがたいです。」
と伝えました。

校長先生は、「学校に来てもらうことしか考えたことがないので・・・・・うーーん・・・・・。」という感じでしたが、「まあ、これから良い方向に行くように話し合っていきましょう。」と言ってくださいました。

教頭先生が「家へ遊びに行ってもいいですか」、と言われるので、「いつでも来てください」と伝えて終わりました。

後は、子供会のお母さんたちにどのように説明するかが気になっているところです。
が、今のところ誰からも反対されていないので、まずまず順調です。



posted by Etsuko at 15:29| Comment(0) | 学校と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

新入生保護者説明会のお知らせ

新入生保護者説明会のお知らせをお隣のお姉ちゃんが持ってきてくれたのは2週間前でした。

健康診断の時に、「学校には通いません」ということを説明し、教頭先生は「教育委員会と相談し、こちらからお電話します。」と言ってくださったのですが、予想していた通り、その後連絡はありませんでした。

まあ、その時点ではまだ「就学届」提出する前で、まだこの学校に「在籍する」と言っていない時期だったので、仕方ないかなとも思っていました。

その後、通学しないと言っているのに「就学届」を出さなくてはならないことに、気持ち悪さを感じながらも「就学届」を提出しました。その時にも、「学校に通わないと言っていますが」というような説明をして受け取ってもらったのです。

そして、「新入生保護者説明会」の案内が来て、いよいよ連絡しなくてはと思い、学校に電話してみました。
すると、
「就学届を出されているので、こちらは他の方と同様にさせていただいただけです!」
とのこと。なんだかその語調から(それで何かご不満でも??)みたいな感じが伝わってきてがっかりしました。健康診断の時にあんなに説明したのに・・・・。別に案内が来たことせめているわけではないですのに。これからのことを相談したかっただけなのに。
「もう就学届をだされているのですから、今でも学校に通われないというお考えでしたら、教育委員会の学務課へ電話なさってご相談ください!」
と口早に電話番号を伝えられて電話を切られました。
つまり、前回相談した時に、学校から教育委員会へ連絡してみると言ってはくれたものの何もしてくれてはいなかったということですよね。
まあ、仕方がないですね。学校側にとっては厄介な話ですからね。

それで、教育委員会の学務課へ電話してみました。
すると、
「そういうお話は就学届を出された学校へ連絡してご相談ください。」
とのことでした。まあ、予想していたことなので、驚きもイラつきもしませんでしたが。
そこで、学校から教育委員会へ連絡してくれと言われたことを伝えると、また折り返し電話しますとのことで、電話を切りました。

また日が空くのかなぁと思っていると意外にすぐに電話があり、学校から連絡がありますからとのこと。その学校からもその日の夕方には電話があり、「とりあえず新入生保護者説明会に参加してもらって、その後詳しくお話し聞かせていただきますので」ということでした。

これで、ようやく話が聞いてもらえるかと一安心しました。

しかし、文科省がホームスクールも学校として認めるような法律を作る方向であるらしいのに、教育に携わる人たちがこのようにホームスクールについて知らないということにちょっと驚いたりしますが。だから、その法律制定は「50年後をめどに」なのでしょうか。

まだまだこれから色々あるんだろうなぁ・・・・。


posted by Etsuko at 00:45| Comment(0) | 学校と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

就学届

今日は「就学届」なるハガキを学校へ持っていきました。
「郵送」じゃないんですね。
みんなこんな紙切れを持ってわざわざ学校へ行くんだなぁ・・・
と思いながら。
「学校へ行きません」と言っているのに
「入学します」という届を持っていくのも
なんだか変な感じですね。

「健康診断の時、学校に登校しませんと言った者ですが、
教頭先生によろしくお伝えください。」
と、出てきた用務員風のおばさんに言うと、
彼女、なんだかわけがわからない、といった感じで混乱してました。
そこへ、私と教頭先生を取り次いでくれた保健の先生らしき人が出てきて、
ハガキを受け取ってくれました。
しっかり息子の名前も憶えていてくれて。
手を振って帰って来ました。

これで、「親の義務」を果たしたということでしょうか・・・


posted by Etsuko at 23:55| Comment(0) | 学校と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月14日

入学前健康診断の時に

先週木曜日に入学前健康診断に行ってきました。
Yutoを抱っこして、Fukaも連れて。
心配していたYutoはご機嫌でよかったのですが、
Fukaが、「Ayuくんだけずるいーーー!!Fuちゃんも診てほしぃーーー!!」
と大泣きで大変でした^^;

とにかく、何とかすべて終え・・・・思い切って職員室へ。
「子供が学校へ行きたくないというので、ホームスクールを考えています。
ご理解いただきたく、校長先生にいつかお時間とっていただきたいのですが。」
というと、「そういう話は教頭先生に」ということで、教頭先生とお話しました。
教頭先生は、「そういう話は教育委員会に」とおっしゃるので、
「他のホームスクールの方が校長先生にお話ししたと聞いたのですが、教育委員会にとおっしゃるのなら連絡してみます。」というと、
「ちょっとお待ちください。」と職員室に戻られて、しばらくして戻ってくると、「こういうケースは初めてで、こちらから教育委員会に連絡して聞いてみますので、後日連絡させていただきます。」ということに。

後でホームスクールのお友達に聞くと、学校への説明の時に「ホームスクール」という言葉は使っていないとのこと。日本ではホームスクールに関する法律がまったくないので、話としては「不登校児童」ということになるのですね。「不登校」ということであれば校長先生で話はすむのでしょうが、「ホームスクール」なんてことを言ってしまったので「教育委員会に」という話になったのですね。なるほどなるほど・・です。

とりあえず、今のところこじれてしまったわけでもなく、連絡待ちというところです。

優しそうな女性の教頭先生でしたが、丁寧に対応してくださいました。
とにかく地元の小学校に在籍はすることになりますので、穏やかに話が進められるといいなと思っています。

まず一歩踏み出しましたよ(^^)
posted by Etsuko at 01:23| Comment(0) | 学校と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

いよいよ・・

土曜日に「入学に必要な健康調査書」なるハガキが届きました。
いよいよですね(^_^.)
健康診断は10月半ば。
これには行こうと思っています。
この時、「ホームスクールをしたいと思っているので校長先生と話がしたい」ということを伝えてこようかと思っています。
どんな反応が返ってくるか今からドキドキです。
posted by Etsuko at 05:12| Comment(2) | 学校と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする